必ずここも確認しよう!どんな土地か一目で分かる「地目」

マイホームのために土地探し。失敗しない土地探しをするためには、きちんと土地の登記簿を確認することが大切ですよ!
しかし、土地の登記簿を見ていく上で、分からない言葉が出てきたりしませんか?「地目」なんかはその1つでしょう。
土地を購入するときにも、売却するときにもきちんと「地目」の確認をしておきましょう。

ニュージーランドの山

 



【そもそも地目って?】
そもそも「地目」とは、登記簿の土地の種類のことで、土地を利用状況によって分けられています。
例えば、住宅が建っている土地であれば「宅地」、農地として利用されているなら「畑」・「田」といったような感じで、全部で23種類の地目があります。
特に目にすることが多い地目は、この4種類でしょう。

<宅地>
建物が建っている土地です。用途に応じて住宅地・商業地・工業地などといったように細分化されます。

<畑>
畑として現在使用している土地です。

<田>
田んぼとして現在使用している土地です。

<公衆用道路>
現在、公衆のための道路として利用されている土地です。

 



【地目の変更はできるの?】
もしも地目を変更したい場合は、変更することができるんです!
田を埋め立てて建物を建てた場合は「田→宅地」と、 山林の木を切り崩して建物を建てた場合は「山林→宅地」といったように、地目を変更することが可能です。
現在所有している土地を売買しようとしたときに、現況が宅地として利用されていても地目が畑などとなっていると、取引価格に影響を与えてしまいます。そのため、農地法4条、5条の許可や届け出をすることが大切です。許可や届け出をすることによって、農地を宅地として利用することができるのです。

 



【まとめ】
ちょっと難しい地目ですが、知っておいて土地探しをするのと、知らないで土地探しをするのでは大分違いますよ。失敗しない土地探しをするには、多少であっても専門的な知識があったほうがスムーズに土地探しを進めることができます。 


女性に最も人気ある『バス・トイレ別』のお部屋。現在、八王子市内でバス・トイレ別の物件情報をお探しの方は、ぜひコチラのサイトをご覧下さい。八王子市は自然環境が整っており、落ち着いた暮らしを望める地域でもありますが、駅周辺にはショッピングを楽しむ事が出来るショッピングモールや家電量販店など、日常生活に必要なモノは何でも揃える事が可能です。また駅には3つの便利な路線が利用できるので、都心や神奈川への移動も容易となっているため、交通面も優れていると言えます。ぜひ利便性の高い八王子市で快適な新生活を始めましょう。

大分県で3番目に人口が多い中津市は、耶馬渓などの景勝地や中津城といった貴重な文化財が多く残る観光地として有名です。隣接する別府市や日田市、中心都市の大分市などへのアクセスが良好で、さらに周辺の道路建設、企業誘致、空港の開港計画が進みますます暮らしが豊かになっていきます。そんな発展途上の中津市で中古住宅購入を検討される際は、当店ウェブサイトをご活用くださいませ。中古とは思えない、見た目や内装まできれいな状態の住宅などが揃っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

都内でもっとも治安が良く、安心して生活を送れる人気の街、【文京区】。単身者の方からファミリー層まで幅広い世帯に注目を集めております。文京区の魅力は治安の良さだけではなく、各方面への移動が容易なこと。そして駅近くには夜遅くまで営業している買い物施設もあるので、生活を送るの不便さを感じない事です。現在、文京区にお引越しを予定しているご家族の方は、ぜひ当社のサイトよりご紹介しているファミリー向け特集をご覧下さい。きっとご家族で快適に住める賃貸住宅が見つかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です